日本語(Nihongo) English

学習とカリキュラム

  • 工学と科学
  • ビジネスと経営
  • 人文科学
  • 総合学習
  • 課外活動
  • 大学進学準備
    進路アドバイス
  • 工学·科学分野を志望する生徒は、本校の大学レベルの工学·科学コースを通じて、進学後も見据えた学力を獲得します。この単位は大学の学位取得要件の一部として移行可能です。また、多くのクラスで実践的な実験的研究を実施しています。これにより生徒の研究·分析能力育成に繋がるだけでなく、大学出願時に提出できる実績作りにもなります。
  • 本校のカリキュラムは、数学的ツールに慣れ親しむことに重きを置いています。ビジネス科目の学習に進む前に、生徒は統計の背景知識を深め、分析力を高めます。生徒によって、学ぶ分野は経営工学やオペレーションズ·リサーチから、会計、金融まで様々となります。
  • 通信や報道など様々な業界や専門分野へ生徒を導きます。より一般的な人文系を志望する生徒の場合、大学入学競争に勝てるよう、SATの指導を集中的に行います。
  • 一部の科学·工学専攻を除いて、米国大学の多くは入学時に専攻の指定がありません。本校はそのような生徒のため、幅広い総合的な背景知識の獲得と言語能力の向上に力を入れています。また、大学出願時に有利となるSATのスコアアップを目指した指導を行なっています。
  • 平日は、夕方·夜間の時間を生かした様々な活動を企画しています。校内イベントだけでなく、地域への貢献活動や交流活動もあります。こうした経験は、大学受験時に実績として願書に記載することができます。
  • 本校はアメリカンハイスクールである一方で、プレップスクールであもあります。本校は、入学以降継続して、各生徒に対しマンツーマンの進路アドバイスを行なっています。本校の目標は、全生徒が自分の得意な分野で米国の難関大学に進学することです。本校のようなアメリカンスクールの卒業生はTOEFL受験が不要のため、SAT対策が大学受験の準備として最も重要となります。
  • 本校について
  • 学外連携
  • 外部機関リソースの活用
  • お問い合わせ
  • 本校は、米国パデュー大学同窓会の運営する「Global Institutional Engagement Foundation(機関連携グローバル基金)」によって設立されました。このパデュー大学の国際連携プログラムは、パデュー大学の学長がアジア圏の卒業生と会談された際に紹介を受けたものです。本校の設立は、この枠組みの代表例となります。
  • 本校はパデュー大学事務局と連携·協力を行なっているほか、他の私立·州立大学とも連携を行なっています。また、本校は東京都市圏においても広く人材や参加者募集のネットワークを築いています。
  • 高校過程については、オレゴン州学校制度と長期の協力関係を確立しており、カリキュラム教材や資料はオレゴン州ヒルズボロ学区と同じものを活用しています。大学過程については、本校のサマーキャンプはパデュー大学のキャンパスで行っています。パデュー大学工学部は米国で第八位を誇り、テニュアまたはテニュアトラックの教員は2,500人に上ります。
  • 所在地: 埼玉県ふじみ野市上福岡1-6-26

    電話: +81 495xxxx

    テキストメッセージ: +81 xxxxxxxx

    Eメール: admissions@asit.jp